2021年振り返り

いつの間にか2021年も佳境となってる。
今年もバタバタしながらもいろいろあったな。
簡単に振り返って、来年につなげたいと思う。

思いつくのは以下3点かな。

1.自己貢献感を持てた

今年は部門の異動もあり、いろいろとバタバタした一年だった。前の部門と人の雰囲気も違ったし、前の部門の知見も活かせたので、結構「オレ貢献できてるかも」と思えた年だった。前は結構メンタルが落ちてて「オレなんて」状態だったので、打合せなんかでも意見が言えず、居てもいなくて同じなかんじだったのが、少しずつ回復できた。

2.第二領域の活動があまり出来なかった

第二領域の活動とは「重要であるが緊急ではない」活動のことなんだけど、今年はずっと「緊急である」活動に引っ張られたように思う。(重要度の高低どちらも)本当はもっと自己成長に繋がる活動をやっていきたいんだけど、 家の時間なども変に言い訳をしながらダラダラしてしまった。

3.なんやかんやで楽しかった

けど、まぁ、振り替えると楽しい一年だったかと思う。業務以外でも思ったより活躍できたし、そんな自分を割と好きだと思えた。その要素ってかなり大事なんじゃないかと思う。

世間的には若い部類ではないけど、まだ伸びしろがあるかと自分では思えている。2022年も自己成長を追求していきたいなと思う。

今日はこの辺で。お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今年の技術士試験に関して