読書との付き合い方の話

こんにちは、ライスです。

自分はなるべく本を読む様にしているのですが、安定しないですね。

安定しないっていうのは、ちょっと意識しないと読まなくなってしまったり、いろんな本のジャンルにすぐ手を出してしまったりという意味合いで。

実際の行動に落とし込めていない要素が現状、多いですしね。

「役に立ったな!」と思える本には多く出会うので、それらを読んだだけで終わらせてしまうのは非常にもったいないとも感じています。上手く咀嚼して自分に落とし込みたいんですよ。

本当はもっとブログにも読んだ本のことを書きたいのですけどね。実現できているのは少ないです。

そうそう、本といえば、今まで自分は電子書籍と紙の本、つまりデジタルとアナログ混ぜこぜで本を買っていました。

けれど、このブログにある「強制的なデジタル離れ」の要素は良いなと感じたので、今はアナログ(紙の本)寄りになっています。

無印ハヤシのブログより

それに伴い最近革のブックカバーを奮発して買ってしまいました。
革のいい匂いがして気分が上がりますし、読書も捗りますね。

読書に関しても慌てずマイペースで続けていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

DIYしたって話